スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンビニ単行本

続いてのコンビニ話。

コンビニ(セブンイレブン、ローソンが多いかな?)単行本が最近面白い。
単行本とはいえマンガではなくて、各方面の大学教授や研究家さんたちがまとめた色々な歴史話や史実、伝説などをわかりやすく図解、イラスト入りでまとめた本のことです。

本当は面白い世界の神々本当は面白い世界の神々
(2009/07)
造事務所一条 真也

商品詳細を見る


以前田舎に行った時の帰りに暇つぶしのつもりでこれを買って読んでみたら面白いの何の。誰もが聴いた事のあるギリシア神話を代表とした神々の失態やこぼれ話が4ページくらいごとに書かれていて、またイラストも美麗でカラーページもあったりしてそれだけでも購入価値ありです。

神話なんかよっぽど好きじゃない限り知る事も少ないものですが、改めてこうして解説されながら読んでみるとつい笑っちゃうようなシーンの多いこと。
例えば日本人なら聞いた事のあるヤマトタケルノミコト。日本書紀などでは英雄扱いされてますし日本神話を知らない人でもなんとなく凄い人なんじゃないかと思われていそうなこの人なんですが……

なんと実の兄をぶっ殺してます(笑)
「兄貴ですか?便所に入ったところをふん捕まえて、手足をバラバラにしてやったうえに、むしろに包んで捨てました」とかなんとか(ノ∀`*) この解説訳も楽しいんですけどw
まあこの背景としては諸事情あったわけですがしかし、神様ともなると怒りの報復も恐ろしいものがありますw

また北欧神話で有名な豊穣の神フレイ
ラグナロクを目前とした巨人族との戦いにて、フレイは「勝利の剣」と呼ばれる自動的に敵を倒す剣(ドラえもんの「電光丸」みたいだ…)を使って出陣しようとしたのに実はその剣は以前自分の結婚をうまく取りまとめるために失ってしまっていたのです。
仕方なく鹿の角を抱えて(なんで鹿の角だったのかは不明。。w)出撃してそのまま討ち死にしたというのだからものすごい人だったんですね。
ところでこの鹿の角、ヴァルキリープロファイルで「アントラーソード」っていう武器がありますがここが由来なのかと思うとちょっと感慨深い。

他にも神々の愛欲とか神々の暴走とか面白いのばっかりなんで、もし見かけたらぜひw


世界の英雄・名将 伝説のバトル世界の英雄・名将 伝説のバトル
(2009/09/08)
クリエイティブ・スイート

商品詳細を見る

↑まだ読んでないですが買っちゃいましたよ(ノ∀`*)

2009/09/17(木) | | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/790-91248432
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。