スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 inゴーストバスターズ

ゴーストバスターズ コレクターズ・エディション [DVD]ゴーストバスターズ コレクターズ・エディション [DVD]
(2008/06/25)
ダン・エイクロイドビル・マーレー

商品詳細を見る


テレビで1、2とやってたので見ました。

ちょっと古いとはいえ古典的なコメディ作品。まあCGとかは古臭さは残りますが、俳優たちの笑えるセリフがてんこ盛りなので問題なし。
「今度神かどうかと聞かれたらイエスと答えろよ?」のセリフは思わず笑っちゃいました。

1はゴーストバスターズ・トリオの顔見せみたいなノリで、後にバスターズとして結成する三人組(+1)の始動とゴーストたちとの奮闘。いかにもなアニメチックなゴーストたちが生き生きと動いていて楽しいですが、それ以上に思ったのが派手な大破壊シーンが多いこと。

特にパーティ会場に出現したゴーストを退治するためにゴーストバスターズたちが大立ち回りをするシーンがあるのですが、料理とか調度品が乗ったままのテーブルがバンバン荒れ狂う会場の撮影は想像を絶するものがあったと予想します。撮り直しなんてことになったらさぞかし大変だったろうなぁ…。

後半は唯一の(?)ヒロイン、シガニー・ウィーバー演じるディナの身に悪の霊魂が乗り移って大変な出来事が起こり、破壊神ゴーザが蘇ってしまうという展開。ディナと同時に霊魂が乗り移ってしまったリック・モラリス演じるルイスも2に登場する楽しいキャラです。


2では一転して五年後の話に。
ゴーストバスターズとして栄華を誇っていたのも過去の話とされ、四人はそれぞれの別々の生活を営んでいます。ところがディナの赤ちゃんが不思議な現象に遭遇し、再びゴーストバスターズの出番がやってきます。

今回の敵はヴィーゴという絵に取り付いた過去の暴君の霊魂。この世に復活するために赤ん坊が必要というわけで、ディナの赤ちゃんが狙われます。同時にニューヨークの地下に湧き出した人々の怒りとストレスが詰まったスライムの川…。

色んな意味でドロドロベタベタなシーンも多いのですが、1同様に破壊シーンも見ごたえアリ。自由の女神像をこんな形で扱ったのはゴーストバスターズが初めてだろうなぁ。

3もありそうですが無かった…残念。

2009/07/25(土) | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/749-cb88dddc
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。