スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 inナルニア国物語 ライオンと魔女

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [DVD]ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 [DVD]
(2008/04/23)
ジョージー・ヘンリースキャンダー・ケインズ

商品詳細を見る


こないだテレビでやってたので見ました。
いやーなかなか面白かったですよ。ディズニー製作だったのは知りませんでした。

「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り「ナルニア国ものがたり」全7冊セット 美装ケース入り
(2000/11)
C.S. LewisC.S.ルイス

商品詳細を見る

原本は「ライオンと魔女」「銀のいす」だけしか読んだ事無かったんですが、こんな話だったっけ。。
なんかもっと冒険物語っぽい気がしてたのでロードオブザリング並みに戦争シーンが強いのは意外でした。まあ映画のために誇張したのかもしれませんけどね。

内容としては本当に本当にファンタジー丸出しで、ある意味ファンタジーネタを知らない人が見たら「なんなんだコイツ?」って言いそうな種族が大量に出てきてましたね。ミノタウロスとかグリフォンとか。
現実世界とファンタジー世界融合だけでなく主役の四人兄妹が王様、女王様になってしまうという、ちょっと古典的ながらも映像化する事でやっぱり面白いんだなと変に納得してました。アスランとは何者なのかが深く語られないのが今後の伏線という事でしょうね。

序盤に末っ子のルーシーが「全ては妄想よ」みたいに言ってるシーンがあるんですが、最後まで見るとこのセリフが意外に重かったんだなー…。無論夢オチというわけではないでしょうけどね。

氷の女王もいい味出してました。個人的には次男エドマンドがスネ夫みたいで好きです。途中で刺された時は絶対死ぬなと思ってたんですがやっぱりそこは生きなきゃダメですよね。四人揃って戴冠の儀式はなかなか感動しましたよ。

ところで確かこのナルニアシリーズは統一した主人公みたいなのはなくてそれぞれの話で別々の主人公たちが出てくるみたいな流れだった気がします。それぞれの主役がどういう繋がりがあるのかとかぜんぜん知りませんが、次回作であるカスピアン王子の角笛も見たいですな。

ナルニアシリーズのスタートとなるこの映画ですが、見てしまうとなんか全部通して読みたくなってきたよ。まとまったセット本買っちゃおうかなー。やたらに一巻、二巻みたいな区切りがされてないシリーズなのでどれから読んでも面白そうです。

2009/04/07(火) | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/658-316f74d3
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。