スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画(?) in20世紀少年(テレビ版・第一話

日テレで放送されていた20世紀少年の外伝、「もうひとつの第一章」なるものを見てみました。

原作マンガは一巻くらいしか読んだ事はなく、本家の映画も見た事がないわけでこの外伝一章、どういう点が原作や本家映画と違うのかは当然分からないながらもなかなか楽しめました。
浦沢直樹マンガはMonsterが大好きな私。Monsterの天馬もそうですが、この20世紀少年も主人公のケンジが濡れ衣で追いかけられてたりして。濡れ衣展開は浦沢さん好きだよなぁ。

といってもMonsterのように主人公の逃走劇が主軸ではなくて、ケンジ君が少年時代にごっこ遊びのつもりで書いた「よげんの書」の通りに世界が動いていくその全ての黒幕である男を追いかけるというストーリーです。それこそまるで子供の遊びのように細菌兵器や巨大ロボットなんかも出てきて。
生瀬勝久さんが番組ナビ兼、番組中ではドンキー役を兼任されてるのですが、子役ドンキーはいっぱい出てましたが大人ドンキーほんとにチョイ役なのね。本家映画とか次回作ではもっと出て欲しいなー。ドンキーのキャラ好きだし。

だいたい今現在40歳前後の人にとっては思い出深い作品だというのは頷ける内容でした。3丁目の夕日が今現在60歳前後の少年たちが活躍していた昭和30年代を取り扱った作品ですが、これは少し進んで昭和40年代。
だんだんと世代も進行していってるわけですな。いずれ私が子供の頃の話なんかも出たりするのかなぁ。わくわく。

ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]ラヂオの時間 スタンダード・エディション [DVD]
(2005/12/23)
唐沢寿明鈴木京香

商品詳細を見る

またかよ!と言われそうですがまたラヂオの時間見てました。唐沢寿明つながりで20世紀少年の感想ついでに。。

しかし唐沢寿明、この頃と全然違って太ったなあ。いや、悪い意味ではないです。唐沢さんってちょっとトゲのある雰囲気があったから痩身だとそれが余計に誇張されてる気がしてたんですよね。
中年太りでもなんでもちょっと太った事で丸みを帯びたような気がして、今までは敵役とかライバル役あんまり良い役じゃなかったのが20世紀少年では正義を貫くという性格の主人公を演じたというのが個人的に嬉しい。

さてラヂオの時間ですが、テーマ曲の「no problem」が実に頭から離れない。歌は布施明が歌っているのですが映画オリジナルの歌詞でして、一般的にはCDもないみたい。ラヂオの時間のサントラはあるのですけどね(廃盤してました)。。
特に

 ♪千本のっこが あのあばずれが 僕を見つめてるから~

って部分は頭に残りまくりんぐ。

2009/02/01(日) | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/597-8ed2d28e
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。