スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ランキング in感動したゲーム

今までで一番感動したゲーム 1位「FFX」 2位「FFVII」 3位「DQIII」
痛いニュースさんのところの記事です(機種依存文字改変)。

いわゆる「ゆとり世代」と言われる今の10代後半の人たちが大きく位置を占めていると思われているランキング結果のようですが、スレの中ではいろいろなゲームを挙げている人もいて面白かったです。
私も当然10代後半とはいえませんがFFXは確かに感動しましたよ。というわけでFF、DQに絞っての感動シーンをいくつか書き連ねてみました。

・FF7(通常版)
全体的なストーリーはリユニオンとかセフィロスの目的とかセトラとか初回プレイではちんぷんかんぷんだったことを告白します。ただストーリーに沿って次の目的地に向かうだけという子供っぽいプレイ方法だったと思いますorz
その後何度もニューゲームして、もっとも最近になってやっと全体的なストーリーやクラウド、セフィロス、エアリスあたりの行動が分かるようになった状態でエンディングをみたら感動しまくりんぐでしたよ。
エンディングでライフストリームが出てきてメテオを受け止めるというシーンは鳥肌立ちました。

・FF10
これは寄り道なしの一本道ストーリーなのですが、グラフィック面での大きな進化自体に感動したのもありましたね。それでたぶんこれは召喚獣とか祈り子とかが重要じゃなくて、とにかくラブなストーリーなんですよ。
やっぱりエンディングでティーダに向かってユウナが走っていったのに貫通してしまい、そのままティーダが異界(?)に突っ込んでいく中でブラスカとかアーロンとか(アーロンが消えるシーンも感動したよ!)に会いながら、最後に父ジェクトとハイタッチしたシーンはキました…。
でもファイナルファンタジーのテーマ流してくれなかったのでそれは残念だ。


・DQ5
これを感動しなかったといってなにを感動するのか1
と言いたいのですが、エンディング部分よりも主人公の運命やストーリー自体が多くを語っていて最後にドバッと感動!みたいな感じではありませんでした。パパスの名シーンや奴隷時代、結婚ワルツやグランバニア帰還からマーサの救出とストーリーそのものに感動するべきゲームなんじゃないかなーと。
でも小説版はありえないほど感動しました。仲間モンスター最高。

2007/12/22(土) | 2chスレネタ | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

『』

DQ5はいいですね~。もう、何が良いって
“主人公は所詮主人公で勇者じゃない”所がいいです。
↑酷い言い様ですがw
天空シリーズのDQって主人公(4は勇者ですが)が
皆、とんでもなく不幸な気がします・・・。

それにしても、ランキングに天地創造が入ってなくて
絶望しました・・・w

2007/12/22(土) 20:48:12 | URL | [ 編集]

gunsoo

『』

>天空シリーズの主人公って不幸
言われてみれば…!(今まで気がつかなかったorz
ロトシリーズの3人はそこまで不幸でもないですね(DQ3のオルテガはあれだったけどそれくらいだし)。

DQ5の主人公が勇者ではないというオチ(?)は私も意外でした。
ストーリー進めば天空装備は装備できると信じていましたがああいう展開だとはw
ちなみに毎回ビアンカ嫁でした(*´ェ`*)

2007/12/23(日) 05:20:18 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/319-fa379811
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。