スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LINE漫画アプリvol.1

現在、神奈川県に大雨洪水・土砂災害警報中…さして珍しくもない警報ながら、今回は台風の影響なのか否かやたらと雨ばかり降り続けるのがちょっと怖いくらいです。



私の住む地域で言えばもう丸三日は雨しか見てない気がします。((( ;゚Д゚)))
夕方、始めて「避難勧告」のエリアメールを受信しました。警報ではなく避難勧告。
特に自宅は床上・床下浸水はしてないし、道路が大河なんてのもまだ現実ではお目にかかってないので様子見ですが、時々雨足が強くなるとやや恐怖…。

さてさて。長雨の暇潰しではないですが、LINEの漫画アプリで無料配信されている漫画をずっと読んでます。
以前紹介した神乃塔やダンジョン飯もLINE漫画で読んでます。

「LINE マンガ – 無料で人気漫画を毎日更新!」
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.naver.linemanga.android
※Android版

まあ、無料とはいえそれは始めの2話と配信現行の2話くらいまでなので途中から読み出すと間の話はきれいに抜けてしまいますが、曜日別の漫画を毎日更新するスタイルなのでデイリー感覚で毎日好きな漫画の配信最新話を読むスタイルなら普通に完走できます。

ほとんどが現時点でコミックス販売されているものから1話ずつ配信されていますが、このLINE漫画アプリだけの特徴として「LINEオリジナル漫画」というカテゴリがあります。
これはアマチュア漫画家さんが直接LINEに掲載してもらっている(?)漫画で、1話から最新話まですべて無料で読めちゃいます。そしてアマチュアといえどなかなか質の高いものが多い。

週刊誌・月刊誌のみ購入で手元に持たない人や、気になっているけどまず読んでからコミックス購入したい人にも良いかもですね。

そんな中から私が定期的に読むようになった漫画を少しご紹介。

カラダ探し
カラダ探し 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

高校生ホラー漫画。ある日の学校で主人公の明日香は友人の遥に「私のカラダを探して欲しい」と頼まれる。その日の0時、明日香を含めた男女6人の生徒が夜の学校に突然転送される。死んでもループする時間のなか、赤い人と呼ばれる殺人者をかいくぐりながらも遥のカラダを探す一同だが…。

元はウェルザードという人のケータイ小説が漫画化されたものみたいですね。
高校生男女が隔離されるとか死んでもまた昨日に戻るループ世界とかの設定は漫画によくありますが、そこに「赤い人」という謎めいた殺人者を混ぜてそちらの方面からも解決の糸口を探して回る驚愕の真実までのストーリーが大変恐ろしい。
ゲームのサイレンみたいに逃げ回るしかできない鬼ごっこホラーなのもドキドキですね!


俺を愛してもいいんだぜ?
俺を愛してもいいんだぜ? (1) (バーズコミックス ルチルコレクション)

頭脳明晰、運動抜群、超イケメン、ただし性格だけはナルシスト王子様なホマレ様こと二階堂誉が恋したのは地味眼鏡男子でややサドな綿貫由宇。ホマレ様の必死なアタックも「気持ち悪い」と一刀両断する完全ノンケな由宇。この恋の行方はどうなるのやら。

BL漫画ではありますが雰囲気ラブなので万人にオススメできます。傲慢ナルシストなホマレ様が強いと思っていたらまあ、ワンコ気質というか綿貫にデレデレなのが面白い。それなのに綿貫に惚れた理由がはっきりしてこないなどなど、学園ラブコメだけではなく今後も期待できる漫画です。


ガクもん!~オオカミ少女はくじけない~
がくモン! ~オオカミ少女はくじけない~ 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

一般モンスターのオオカミ男として成長したシュシュ。エリートのフィールドモンスターになるためにモンスター学園に行くことになるも、その直前に実の父から自分はオオカミ男ではなくオオカミ女、つまり女の子だったと知らされる。男でなければ「オオカミ男」というモンスター種族には認められない。性別を隠しながら入学したモンスター学園での波乱万丈なるモンスターストーリー。

春原ロビンソンさんの漫画は好きなので当然のようにコミックスも買いながら読んでます。「戦勇。」「ヒーローハーツ」と読みましたが、これは世界観的にも戦勇。が近いですね。なにか見たことあるようなキャラも出てくるし。
相変わらずの安定感あるギャグコメディは至高ですが、一方でシュシュの男の子気取りの可愛さは犯罪級。ヒーローハーツでもスポーツ少女推しだったし春原さんの趣味…かも!?ほんとにオススメ。


少年Y
少年Y 1 (少年チャンピオン・コミックス)

転校生、栗原ユズル。典型的な地味インドア少年のユズルは人と接するのが嫌い。転校初日に自分の噂話に興じるクラスの騒ぎを廊下で聞いてさっそく絶望するユズルだったが、呼ばれて教室に入った瞬間、教師を含めた全員が死んでいるという異常事態に置かれる。驚く間もなく携帯に掛かってきた電話からの謎の声。ユズルの使命は命のランク付けだった。

序盤から引き込まれる設定にびっくり。次に命の取捨選択という日常では考えられないルールは、主人公はどう選択するんだろうという先の展開を知りたいだけであっという間にページが終わっちゃいます。
そして単純なパニック漫画ではなく理論的な頭脳戦がその本髄。まだ配信話数が少ないので今後に期待です。


すみっこの空さん
すみっこの空さん(1) (ブレイドコミックス)

ギリシャリクガメのプラトンが児童書作家の夢をあきらめた飼い主とやってきたのは、飼い主の故郷の田舎村。引っ越し初日、空さんと名乗るまだ6歳ほどの女の子が隣家からやってきて、亀のプラトンと話をする上に飼い主の青年を神さまと呼んで仲良しになった。プラトンは空さんをソクラテスと慕い、弟子入りした。これは、天界で対話するプラトンとソクラテスによる"てちゅがく書"。

確かに哲学なんです。絵もストーリーも登場人物も、すべてがほのぼのしていて可愛くてのんびりしているのに、分厚く崇高な哲学書を紐解いているんです。押し付けがましさは微塵もない。ただ広い空とどこまでも続く世界とを、空さんと一緒に少しずつ見て、感じていく…ゆっくりと時間をかけて読みたい漫画です。

2015/09/10(木) | マンガ & アニメ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/1875-4a13321a
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。