スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第1516回「あなたにとっての懐かしのゲームって何?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「あなたにとっての懐かしのゲームって何?」です。新しいゲームソフト、次世代のゲーム機がどんどん発売されてゲームはどんどんきれいに�...
FC2 トラックバックテーマ:「あなたにとっての懐かしのゲームって何?」



FC2テーマは滅多にトラバしませんが、たまにこうして気になるテーマを出してくるから困る。
しかも「懐かしのゲームソフト」とは。あまりに多すぎて語り切れない!


割愛しつつ。。
とりあえず有名どころは外してみました。


へべれけ (FC)
サンソフトのアクションゲーム。
「へべれけ」というキャラを知っている人がどれくらい居るのやら(姿は見た事あっても名前が…って人が多そう)。
そもそもサン電子(サンソフト)自体がゲーム開発を別会社に譲渡してから数年経過しているわけで、その前にも後にも「へべれけ」が登場するゲームソフトそのものが昨今は開発されてないみたい。

このファミコンソフトである「へべれけ」はへべれけシリーズの元祖タイトルです。グラフィックやインターフェースはこの頃の多くのFCアクションがそうだったようにほとんどマリオと同じ。ただマリオよりも格段に難しい操作として「敵を踏む瞬間に↓ボタンを押さなければならない」というかなりシビアなルールがあります。スライムみたいな初期ザコですら↓ボタンを押し損ねるだけでどかどかダメージを喰らってしまいます。
また面クリア型のアクションではなく、様々なフィールドが複雑に繋がり合って形成されている巨大マップをノーヒントで放浪するのが基本的な流れ。マップというアイテムはありますがすべて升目で描かれているためあまり見やすいものではなく、しばしば現在位置や目的地が分からなくなっていました。左右のみならず上下で繋がるフィールドも困りもの。
マリオと同じ感覚でプレイしてしまうと思わぬ泣きを見る初見殺し的なシステムでした。

しかし逆に、マリオと比べて楽なポイントもあります。ひとつは仲間。
マップを攻略してボスを撃破するとアイテムなど何らかの特典が得られるのですが、そのうちの複数個所で仲間が加入することがあります。へべれけを入れて全部で四人のこの仲間たち、それぞれが特技的な長所を持っておりこれらを駆使しなければ先に進むことが出来ないという仕組み。例えば仲間のひとり「ぢぇにふぁー」が居ないとへべれけたちは水中に潜って行くことができません。
また、マリオのように敵触してもワンミス(もしくはツーミス)で即死ということはなく、アクション面はライフという数値式でこれはアイテムがあれば99まで増やせます。そのため、初期では厳しいものの薬を手に入れてライフポイントを増やせば少しくらいのミスは気になりません(落下死はありますが)。

タイトル画面の可愛らしさにプレイ開始したもののマリオと同じ感覚で進めてしまって序盤で撃沈、なんとか仲間を見つけたりしながら進んで一旦セーブでもしようとパスワードを表示させてみたら(個人的には「復活の呪文」より難しいと思う)難解な色合わせパネル。未だにクリアはしていないのが惜しまれますが、いろいろな意味で思い出に残る一本でした。



ドラえもん 対決ひみつ道具! (GB)
エポックのアクションゲーム。
ドラえもんのゲームというと「ギガゾンビの逆襲」が一部では割と有名だと思いますが、ギガゾンビの一年後に発売されたこのソフトは何度も何度もクリアしたという意味で非常に思い出に残っています。

基本はアクション。のび太たちがタイムマシンから発生した煙に巻き込まれて行方不明になり、ドラえもん自身も謎の世界で目を覚ますという導入部。残されていたのはミチビキエンゼルとチャンピオングローブのふたつの秘密道具だけ、ドラえもんはのび太たちを救い出しこの不思議な世界から抜け出すために旅立ちます。
お馴染みの五人組がアニメそのままにしっかりドット絵で描かれており、ストーリー自体も大長編とはいかないまでもスペシャル番組でアニメ化してもいいような内容。しずかちゃんやジャイアン、スネ夫、ドラミちゃんも全員出演しています。

さまざまな時代、時空に繋がるドアを潜り抜けながら新しい秘密道具や情報を得てそのステージのボスに辿り着いて仲間を助ける、という流れが5ステージ分。アクションマップは似たようなマップが何度も登場しているのが少し残念ながらも秘密道具を集めて新しい場所に向かう(深海クリームを手に入れてから深海マップに行く、など)といった場面はRPGにも通じたものがあり、もともとは狭いステージなのに秘密道具をあちこち探し回ることで広く感じさせるという巧い手法だと思いました。
ラスボスの実態もちょっとしたどんでん返し風味、それでいてドラえもんたちと敵対する理由も納得できるものであり辻褄がしっかり合っています。良くも悪くも当時のエポックのスタッフさんはギガゾンビ~でRPG開発に慣れたのかなといった按配。

やはり残念な部分は前述した通りにアクション面がヌルく、当時幼かった私ですらも何度かプレイしていればクリアできるというレベル。当時からアクションに強い子供たちは一日足らずでクリアしていたと思われます。パスワード形式でセーブ的なものはありますが、今でも一時間あれば一気にクリアできてしまうのでほとんど使わなかった記憶。
初回プレイなら秘密道具探しや情報収集である程度の時間は取られますが一度でもクリアすればサクッとクリアできてしまうゲームになります。それは逆に良いのかもしれませんけどね。



……とまあ、懐かしのゲームと言えばまだまだ沢山ありますが、キリがないのでこの辺で。w

2012/09/23(日) | FC2テーマ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/1660-d88428c7
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。