スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

タイムトラベラーズ inタイムリーでした

タイムトラベラーズタイムトラベラーズ
(2012/07/12)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


PSSをうろうろしてたらなんか新発売したらしいので即購入しちゃいました。
スクリーンショット見たらまんま428のタイムチャートと同じような画像があって、まさかと思ったら428のディレクターだったイシイジロウが手がけているというわけで続編ではないまでも428と似たような雰囲気のゲームみたい。サウンドノベル+αというジャンルもそのまま。


ただ「街」や「428」と違うのは実写ではないことタイムトラベル能力をそれぞれの主人公が持つということ。まだ序盤ちょっとやった程度なので今後の展開とか分かりませんが。

グラフィックはすべて実写ではなくゲーム映像で構築されています。まあこれは仕方ないかなというか、「428」のカナン編では実写では再現不可能と踏んだのか(中東の戦争なんかを再現すると費用がかさむんでしょうか)最初からタイプ・ムーン製作のアニメになってたし、本編にしても幾つかの箇所で実写では再現が大変そうなシーンもいくつか見られました。大沢のバッドエンドルートのウイルスで死んだ人々の山とか。
ゲーム映像になったことで突拍子もないことも再現できるようになったのかどうか、タイムトラベル装置などのメカメカしい施設が最初からてんこ盛りで登場してきます。

他には「街」「428」でも当然存在した運命の選択肢がシビアになって再登場。間違った選択肢を選ぶとバッドエンドが待っているという「かまいたちの夜」などにも見られるサウンドノベル独自のこのシステム、「タイムトラベラーズ」ではなんと五秒以内に選ばないと何も行動しなかったという選択をしたことになりそこからまたさらに話が変化したりもするみたい。
プレイングシネマイベントという、ようは特定のシーンで特定のコマンド入力をするというミニゲームみたいな要素も盛り込まれたようです。「428」の隠しシナリオ探しの時のコマンド入力にも似ている。

「街」等でもついついチェックしてしまったTIPS(ティップス)も一度読むとジャンルごとに区別されていつでも閲覧できるように。特にこの「タイムトラベラーズ」は近未来の渋谷が舞台らしいので科学文明が今よりも進歩した世界でありまったく知らない道具とか施設が登場しTIPSがないと世界観を把握するのが難しいほど。
リアリティがある話もそうでない話もあるんですが、へーそうなんだ、と本編を無視して読み入ってしまうのは過去作同様でした(●'ω')

そしてやっぱりあったクリア後隠しストーリー。今回は公式サイトや説明書で最初からこの存在が明らかになってます。TT(タイムトラベラーズ)フォンという電話で過去世界のある人物と会話し、メールのやりとりを重ね親交を深めることで判明する驚愕の新事実!という触れ込み。w
まあこのあたりはパッと見ギャルゲーな印象はぬぐえませんが、ちょっとどうなるのか興味はあるので頑張ってみようかと思います。(`・ω・´)

2012/07/13(金) | DS(GB) & PSV(PSP) | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/1636-49d8551e
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。