スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三が日とは延々とドラマや映画を見る日々のこと

大晦日から今日まで延々と録画して撮り溜めたドラマや映画を見漁っていました。

テレビの前に鎮座しなくてもウケトルネを使えばPSVに移動してごろ寝しつつ見れるんですが、クイック書き出し有効にしても30分アニメの移動でも6分必要(クイック書き出しがなければ30分とかですが)だし。見終わったらしばらく次に見る事もないものばかりなのでいちいち別に保管する必要もないというわけで普通にトルネで見てました。

これがPSVでトルネをそのまま利用できるようになれば最高だと思う。
アドホックモードで擬似的なものはできるけど画質も悪いし、PS3側で何らかのトラブル(最近はフリーズすることが…)が起きると途端に見れなくなったりするし。


南極大陸
「家政婦はミタ」が視聴率40%を記録したというわけでさんざん騒がれていましたが、個人的にはこっちのほうが面白かったし感動しました。家族モノはやっぱり実際に「自分の家族(両親や祖父母とではなく)」を持っていないと感情移入しづらいっていう理由もあるのかな。「ミタ」も面白そうには思っていたのですが…。
さてこの作品。何度も南極物語、南極大陸とタイトルが変わって関連書籍もいろいろと出ているのですが良い物語は何度見ても読んでも面白いを体現してくれる作品です。

舞台は第二次世界大戦が終結した戦後、昭和30年代の日本。
日本は世界共同事業として南極大陸の観測調査団を派遣することになるものの、当初は敗戦国日本というレッテルを貼られて観測隊の派遣などできるのか、と他国に蔑まれる中で立ち上がったのは東大の助教授、倉持岳志(木村拓哉)と同教授、白崎優(柴田恭兵)。二人の必死の尽力のみならず日本全国からの募金援助と応援に押されてついに南極観測が実現する。
しかし未知の大陸での移動手段が雪上車だけではいささか不安がある、とそこで助言をしたのが京大教授、星野英太郎(香川照之)。「カラフト犬に引かせる犬ぞりを使ってみいへんか?」


戦後の日本がひとつになって協力しあったプロジェクトをノンフィクション形式で描くという大河ドラマ的な意味だけでなく、健気な犬たちの姿と諦めずに何度も挑戦する日本人との絆、そして戦争で焼け野原と化した日本が今のような姿に復興できた本当の理由とがすべて込められていて泣きっぱなしでした。
相手は言葉を持たない犬だとしても、確かにあの時は犬と人間という枠を超えた繋がりがあったと確信して止みません。

踊る大捜査線2&3
二夜連続で一挙放送してたのでどっちも録画しちゃいました。2は以前録画していたのものがHDDの不調なのかトルネの問題なのかで見れなくなってたので丁度良かった。
これは何度も感想とあらすじとを書いてるので割愛しますが、続編を期待したい映画のひとつですね。でも映画ではなくてできればドラマでもう一度新シリーズを、と思ってしまいます。和久さんの甥っ子が出てきて新湾岸署も作られたことだし。

チェブラーシカ
偶然テレビ番組表で映画版を見かけたのでちょっと録画してみてみたらなんとまあハートフルなほんわかパペットアニメ。ロシアで製作されたアニメですが、このキャラクター自体は日本でも関連商品などで見かけた人もいるかもしれません。

クマのようでサルのような不思議な生き物、チェブラーシカ(意味はロシア語で「ころがりやさん」)。オレンジの箱に詰められてやってきた街で孤独で優しい紳士ワニのゲーナと知り合います。いろいろな人間や動物がいるこの街で新発見と挑戦を続けるチェブラーシカ。そしてサーカスの一座がやってきた日、サーカス団員になろうと決意しますが…。


世界観がまず不思議なんですよね。動物が二足歩行して人間のように動いている、というまではアニメでは良く見かける光景ですが「ワニのケーナは動物園でワニの仕事をしている」とか完全に人間と共同生活をしているわけでもないらしいような。
それ以外ではとてもほのぼのした絵本みたいなアニメ。チェブラーシカを初めとした登場人物たちがとても可愛いので仕草のひとつひとつをつい食い入るように見詰めてしまいます。やっぱりこういうアニメのほうが好きだなぁ。

2012/01/02(月) | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/1588-430cdf06
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。