スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PS3の中古対策、「PSN Passプログラム」

PS3の中古対策、「PSN Passプログラム」



なにやら、さらりと始動したようです。。

簡単に言えば中古ソフトのオン要素をプレイする時に10$(1000円くらい?)の料金を支払う必要があるということ。毎回ではなく一度払えばいいみたいな感じで書いてありますが、10$という表記ってことは海外版だけの話?……そんなわけはないだろうしなぁ。
中古メインな私などは実際どういう支払い体系になるのか気になりますが、これは実際見てみないと分からないですね。

以前の中古ソフト販売についての裁判では中古ショップ側が勝訴したにはしましたが、やはりここまで中古ショップ販売が肥大化するとメーカー側も黙っていられなくなっている様子。なんせ中古取引では利益ゼロみたいですからね。
ブックオフなどの大型中古ショップだけでなくAmazonなどでも簡単に中古ソフトを購入できる今、新しいソフトなどはよっぽど欲しいものしか買わない人が大多数を占めていると思います。実際私もそうですし。

ゲームメーカー曰く「中古は海賊版よりも大きな問題だ」



関連記事ですがこういった話が過去に出ていたようです。
DLCなどの強化はつまり中古ソフトへの対策の意味もあったわけですね。それでも賄いきれなくなったから今回のPSN Passを導入することになったみたいですが。

どちらにしろ中古で安く買ってぽいっと売ってしまうようなスタイルの人にはやりづらくなったのは事実のようです。オンはプレイしないぞ!ってな人には無関係でしょうがリトルビッグプラネットみたいなオン要素メインのゲームもあることですし、なんせオフ要素だけだとつまらないゲームが増えているのも事実。
どうなることやら不安ですが生暖かく見守るしかありませんな。

2011/10/09(日) | 徒然 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/1532-fd17bad9
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。