スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 in十二人の優しい日本人

12人の優しい日本人 [DVD]12人の優しい日本人 [DVD]
(2000/10/25)
塩見三省、豊川悦司 他

商品詳細を見る


笑えるコメディ映画を探していたら、なかなか評判良かったので見てみました。三谷さんが脚本らしいので当然か!?


ある事件を裁くために集められた12人の陪審員たち。一癖もふた癖もある彼らは事件解決というよりも判決をさっさと出して終わらせようとしうまく無実にまとまったかに思えたが、あるひとりの「有罪」物言いで事態は混乱を極めていく。今まで無罪を主張していた者が演説に感化されて突然有罪に切り替えたり、言いすくめられて無罪を主張し続けたり。
何度も事件の経緯を振り返って再構築してまたバラバラにしながら議論を進めるが……その結末や如何に。


「12人の怒れる男たち」という映画及び作品があるのですが、そのパロディというかなんというか。設定としては昭和(?)のようなので日本には陪審員制度は存在していませんでしたが、もし存在していたらこうなっているんだろうなあ、と思わざるを得ない内容。
他人の言葉でころころ意見を変える人や、単純な八つ当たりで有罪を貫く人や、無罪だとは思うけどどうしてと言われると説明できない人や……耳が痛くなりそうですがこれが「優」柔不断な日本人の現実。w

舞台は基本的に陪審員たちの集まる部屋と他のちょっとした個室やトイレくらいしか登場しないのもまた面白い。キサラギみたいな感じですね。
あっちこっち議論が飛び火して敵対したり協力し合ったりしながら結論を導き出そうとする姿を客観的に見るとこんなに楽しいのか、という新発見。

実は12人の怒れる~のほうも見た事があるのですが、映画ではなく舞台。そちらも登場役者さんが日本人だったので似たようなエッセンスはありながらも、やっぱり「怒り」ではなく「日本人」をテーマに持って来た事を笑わずにはいられません。
三谷映画好きさんは是非。

2011/05/20(金) | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/1451-29f0d062
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。