スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 inアリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]アリス・イン・ワンダーランド [DVD]
(2010/08/04)
ジョニー・デップミア・ワシコウスカ

商品詳細を見る


今さらながら見ました。
事前知識なしだったんですがなかなか面白かった。


あらすじ。
ルイス・キャロル作の「不思議の国のアリス」の主人公だったアリス・キングスレー(ミア・ワシコウスカ)が成長した13年後。19歳となったアリスはサプライズ婚約パーティの席で見かけた白うさぎを追いかけて再び不思議の国へと迷い込んでしまいます。
アリス自身が「ワンダーランド」と名づけたこの世界でかつての冒険を忘れてしまった19歳のアリスは帽子屋(ジョニー・デップ)やチェシャ猫たち、そして敵となる赤の女王たちの存在を知り、アリス自身が赤の女王の放つ伝説の竜を倒さねばならないことを知ります。


誰もが子供の頃に一度は読んだ事のある物語、「不思議の国のアリス」とその続編となる「鏡の国のアリス」をモチーフとしつつ成長したアリスが脅威と戦うという一歩大人なファンタジー物語。
というわけで子供向けと言うよりも中高生~見ると面白い作品のように思います。舞台的にナルニア国物語に似ている部分もあるかな。アリスが19歳なのでそのくらいの年齢層にはヒットしていたようですね。

美しくも荒廃しつつあるワンダーランドの情景や個性的なキャラクターがリアルで面白い。わけもわからず逃げ惑うだけだったアリスが徐々に敵を認識し戦う決意をするような心の成長ぶりも見所。特にエンディングでは意外な彼女のその後の人生が垣間見えたりして。
ジョニー・デップ演じる帽子屋がまた良い味出してます。アリスと恋仲とまではなりませんが盟友というか戦友というか。またアリスの味方である白の女王(アン・ハサウェイ)や悪役のハートのジャック(クリスピン・グローヴァー)も魅力的。

しかし惜しむべくはアリスの原本を読まなければ分からないシーンや登場人物が多いことですね。特に日本では子供向けの本当に簡略化された「不思議の国のアリス」が一般的で、ルイス・キャロル自身が執筆したそのままの原本に触れ合う機会は特に幼少期にはさほどないかもしれません。「鏡の国のアリス」のほうは知らなかった。。
私が知っていたのは小さくなる薬と大きくなるケーキのほか、物知り青虫、三月うさぎと帽子屋のパーティ、女王のフラミンゴゴルフくらい。白の女王とかヤマネやトウィードルダムとトウィードルディーなどはまったく知りませんでした。
これを機会に原本にも興味が出てきたgunsooさんでした。

不思議の国のアリス・オリジナル(全2巻)不思議の国のアリス・オリジナル(全2巻)
(2002/12)
ルイス・キャロル

商品詳細を見る


2010/11/17(水) | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/1279-33c24011
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。