スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 inザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD]
(2008/12/03)
佐藤浩市妻夫木聡

商品詳細を見る


笑いすぎて腹筋が痛い…。
これは私の中のベストオブ三谷映画のひとつにランクイン。


舞台はとある港町。備後(妻夫木聡)は町を牛耳るマフィア「天塩商会」のボス(西田敏行)の女、高千穂マリ(深津絵里)に手を出したことを責められ殺されそうになるが、五日間のうちに「デラ富樫」という人物を連れてくればすべてを許すと告げられる。
デラ富樫を知っているとうそぶいたために窮地に陥る備後。しかも最終日になってもいい案は浮かばずマリに叱責される。その時備後はある俳優を思い出し、彼…村田大樹(佐藤浩市)にデラ富樫の役を演ってもらおうと画策した。


メインとなる町並みや建物など全体的にセット臭がする場所なのですがそれはわざとだったようで、「映画みたいな町」という言葉から「本物の映画俳優を連れてこよう」という流れに持っていくのはさすが。
そして連れてこられた村田もなにか違和感を感じつつも映画のつもりで役を演じてしまうという面白さが見ていて爆笑ものでした。知らぬは仏ばかりなり。。

しかし喜劇一本で終わるわけではなく、すべてを知った村田が映画俳優を辞めようとしたりそれを往年の映画スターであり村田が憧れた人物でもある高瀬允(柳澤愼一)に励まされるといったシーンもなかなか。
マネージャーの長谷川(小日向文世)「俺はたぶん、一番の村田大樹のファンだからさ」と言った時は感動しました。

映画の題名の意味が後半になっても分からないままだったのですが高瀬が「マジックアワーとは夕日が沈む直前の空のことで、その美しさを見逃せばすぐに夜になってしまう。しかし次の日を待てばまたマジックアワーが見れる、なんにでも明日がある」という意味だったようでなるほどと思ってしまいました。
別の視点では悪魔が出てくる時間帯でもあるみたいですけどね、マジックアワーってw

三谷映画ファンとしては有頂天ホテルの只野憲二(香取慎吾)がカメオ出演しているほか、唐沢寿明、戸田恵子、近藤芳正などの顔ぶれがオール出演なのもオイシイ。
久しぶりに大爆笑したなー。

2010/10/07(木) | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/1214-812ceccb
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。