スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PS in LSD

L.S.DL.S.D
(1998/10/22)
PlayStation

商品詳細を見る

PS stoerのアーカイブスをうろついてたら見つけたのでためしに買ってみました。前々から気になってたんですが説明を読むだけではイマイチ分からずスルーしてたんですが……。

やってみてもワカラナイ。

2010y09m03d_015429400.jpg
画像はここより。パッケージ画像などもあります。


あえて言えば3Dダンジョン探索ゲーム、という感じでしょうか。。クーロンズゲートのポリゴン版というか、いろんな世界がある空間を主人公(?)の目線で移動してさまよってみるというゲーム。世界は大自然とかハッピータウンとか江戸町(?)があり、それぞれで出てくるキャラクターとか起きる出来事などを傍観する感じ。

しかしそういった世界観は理解できてもなにが起きるかは不明なままにただただ放浪するしかないという。ゲーム目的というものもありません。
巨大な穴があったと思ってふと上を見上げたらなぜかこれまた巨大な馬がゆっくりと上に向かって浮き上がっていたり、見上げるような足のない巨大鬼が無言のまま街を横断していったり、いきなり大量の死体が散乱していたりとまったくもって理解不能なイベントの数々。

木や柵、電灯や鳥かご、絵本や窓などに触れている時に○ボタンを押すと画面が白くなってまったく別の空間・世界へと移動できます。分かる人がいればサガフロンティアのT260G編のHQ最深部みたいな(分からんって)。
木も一本一本別の場所へのワープが設定されているようなのでワープ関係の把握は不可能。w

一応時間の概念が存在し、大自然世界では昼夜の流れが分かりやすいです。時間によってキャラクターが現れたり消えたりするようですが、それも普通の移動方法ではなく文字通りいきなり現れていきなり消えるという。馬に触ってみたくて追いかけてみたのですが橋とか川とか崖すらも対岸に瞬間移動しまくりで無理でした(´・ω・`)

一日が終わるとタイトル画面に戻されてセーブができたりバイオリズム(?)が変化したりします。ただしここでそのまま継続プレイしようとしてスタートを押しても前回位置とはまったく関係ない場所からスタートします。もはや不条理。

映像はフルポリゴンです。カクカクさや汚さは物凄いのですがそれがLSDという世界に合っているような気もします。背景色も蛍光色一色だけで空を表現しているとか見づらいことこの上ない。音楽もたくさんあるようですが同じような曲の使い回しみたい。

クーロンズゲートやプラネットライカもかなり人を選ぶなーと思っていましたがこれのほうが電波力が凄いよ……。
レアゲーだったのでプレミア価格がついていたらしいですがアーカイブス販売されるようになったのでそれも安くなってるようですね。
完全に人を選ぶゲームですが、不条理さが好きだったり精神異常になってみたい人にぜひ。

2010/09/03(金) | PS | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/1165-127049bc
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。