スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画 inジュマンジ

ジュマンジ コレクターズ・エディション [DVD]ジュマンジ コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/08/05)
ロビン・ウィリアムズボニー・ハント

商品詳細を見る


午後の映画でやってました。
ずーっと昔にもテレビで見た記憶があるのですが、やっぱり面白い。

1969年、一流靴工場を持つ社長の息子アラン・パリッシュ(ロビン・ウィリアムズ)が友達のサラ・ウィットル(ボニー・ハント)と共にふとしたことから始めてしまった「ジュマンジ」という不思議なすごろくはただのすごろくではありませんでした。「5が出るまでジャングルで待機」という言葉通りにジュマンジに吸い込まれてしまうアランとあまりの出来事に逃げ出してしまうサラ。
そして26年後の1995年。アランの屋敷に打ち捨てられていた「ジュマンジ」を見つけてしまったのがジュディ(キルスティン・ダンスト)ピーター(ブラッドリー・ピアース)という姉弟。太鼓の音に押されるようにして興味本位で二人がサイコロを振ってしまった時、26年という時を隔ててジュマンジ・ゲームが蠢き出す。



すごろくで出た目が本当のことに…というのは世にも奇妙な物語などでも扱われそうな話ですが、このすごろくはすべてがジャングルをテーマにした物事ばかりで動物たちが迫力満点。
サルが町中で暴れ回り、超巨大蚊が飛び回り、血に飢えたライオンは屋敷を徘徊し、サイやゾウなどの巨体動物が人間たちをなぎ払う中でアランを殺すことだけを目的として現れたハンターのヴァン・ペルト(ジョナサン・ハイド)がゲームを続けようと奮闘する四人に襲い掛かります。
ゲームを始めたら必ず終わらせなければならないという鉄則のルールのもと危険を乗り越えて四人はサイコロを振り回します。

一方で26年という時間を越えて現れたも同然であるアランがサラやカールとの再会を喜ぶ姿や、少年の頃は嫌いだった父が実は全財産をはたいてアランを探し靴工場も倒産し無念の中で死んでしまったことを知る…という、父と息子の愛も扱った映画です。
この伏線のお陰でラストはちょっと泣けました。


もしこのすごろくが人生ゲームだったらもっと楽しそうだなぁ(*´д`*)
人生ゲーム 極辛人生ゲーム 極辛
(2009/04/23)
タカラトミー

商品詳細を見る

2010/07/16(金) | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://perspirant.blog43.fc2.com/tb.php/1116-f38924ed
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。