スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

○○したらこうなった シリーズ本

コンビニで買ったワケありな映画という、危険な(?)裏事情があったせいで世間に出すことができなかった映画のコラム本が面白くて読み終えた後、同出版社(彩図社)本にまたもや気になる本があったのでわざわざAmazonで購入してみました。


悪徳商法 わざと引っかかってみました悪徳商法 わざと引っかかってみました
(2013/08/22)
多田 文明

商品詳細を見る


出版されたのが2013年ということで、実際の内容としては2012年のルポ記事が主体です。
タイトル通り違法・悪徳商法にルポライターである多田文明さんという人が生身で突撃潜入してその実態を暴いたものを書籍化したというもので、同氏はテレビの関連番組にも顔を出すほどになかなかの有名人(?)であるようです。

また、同氏による別の本では悪徳商法とは異なりますが迷惑メールにまともに返事や促されるまま会員登録等をしてみたらこうなった、というものもあります。


迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ迷惑メール、返事をしたらこうなった。 詐欺&悪徳商法「実体験」ルポ
(2013/11/29)
多田文明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
read more...

2015/02/09(月) | | トラックバック(0) | コメント(0)

貴志裕介マイブーム

FF14は黒のほかに学者と白でもレリック手に入れました。あれほど苦しんでいたタイタンの攻撃もかなり余裕に回避できるようになってきて成長を実感してます。というかそもそも黒でやってた頃は核破壊まで進めないPTばかり当たったりしてそういう意味でも苦労しましたしね…。もちろん自分の火力・PS不足もあるのだけど。

最近はナイトと詩人を育成中。詩人はあんまり性に合わないのですが、ナイトというかタンクはやってみたら意外と面白くて頑張ってます。ナイトはFATEでフラッシュ連打してるよりIDで上げた方がいいかなとIDばっかりです。幸いにして世の中はタンク不足が深刻なようでマッチングに苦労する事はありません。


さてFF14話はこのへんにして、「悪の教典」を読み終えてなお貴志裕介マイブームです。しかし最近新刊が出たらしいのですが著しく評価が低いので買い控え…「スズメバチ」というタイトルの本ですね。
とりあえず過去作品でもまだ読んでないのがあるのでいくつか読み漁っていました。

青の炎 (角川文庫)青の炎 (角川文庫)
(2002/10/25)
貴志 祐介

商品詳細を見る


read more...

2013/12/10(火) | | トラックバック(0) | コメント(0)

小説 in悪の教典

また間が空いてしまった……
ひたすらFF14の日々です。さらっと経過報告しますと、黒と白のレリック手に入れてバハムート一層突破しました。
迷宮バハムートはしかしボス戦が本当に疲れますね、白で行って二層も行けるところまで行ってみたのですがほとんど進まず。アラガンロットってよくわからない。

さて、購入してからずっとほったらかしてたのですがやっと読み終えました。

悪の教典悪の教典
(2011/11)
貴志 祐介

商品詳細を見る


read more...

2013/11/23(土) | | トラックバック(0) | コメント(0)

ファンタジーのネーミング辞書がすごかった

さーさーのーはーさーらーさらー。


幻想世界11ヵ国語ネーミング辞典幻想世界11ヵ国語ネーミング辞典
(2011/06/28)
ネーミング研究会

商品詳細を見る


七夕とはぜんぜん関係ありませんが、近くのセブンにアイスを買いに行ったらこんなものが売られていたので衝動買いしちゃいました。
別に私は自作ゲームとか創作小説とかのクリエイターとしてバリバリ活躍しているわけでもないのですが、こういう読み物としても面白い辞典というのは目的なんて関係なく気になってしまうものです。
それにまあ、中二病ではあるので大丈夫だと思うし。w

開いてみるとかなりの収録語に驚いてしまいました。かつてはPSソフトのRPGツクールにどっぷりハマっていた私ですが、この本があれば本当に一本くらいちゃんとした完成品が作れていたかも、と思えたほどでした。本当に。

read more...

2013/07/07(日) | | トラックバック(0) | コメント(0)

gunsooさん、昔懐かしDQゲームブックで遊ぶ

ゲームブック ドラゴンクエスト6幻の大地〈1〉幻の大地 (エニックス文庫)ゲームブック ドラゴンクエスト6幻の大地〈1〉幻の大地 (エニックス文庫)
(1996/04)
不明

商品詳細を見る


出版された時期はもう二十年近く前になるのですが、DQ小説や四コマ漫画と共に気に入って今でもたまに読み返しているのがこのゲームブックシリーズ。
ゲームブックというものを知らない人に説明したいと言いたいところなのですが(最近でも出版されているとは思いにくいし)、後に詳しく書きますがDQゲームブックと他の一般的なゲームブックとはちょっとだけ毛色が違うらしいので説明しづらいのが事実。うーん。

read more...

2013/05/08(水) | | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。